2022年11月06日

祭壇装花 修行編 第二弾

980E8EC4-178D-4EF7-BF40-0D1208A128CE.jpeg

アジアナーセリー社長さまへの
助っ人第二段となります。

9C0695A3-B9C4-448F-9716-958F3C2235E2.jpeg

僕は
20台程度、 仏スタンドを
制作しておりましたので

今回は
下の段のみ 少々お手伝いを
させて頂きました。

698C934B-F911-4E12-9D91-FF861FCC27AE.jpeg

社長は
これでもか、これでもかと
完璧を 目指して活けていきます。

9655AD77-4B5A-4F2F-A611-EADA6531C0BD.jpeg

こちらは 下の段のお花で
洋風なイメージのご依頼で

とくに ピンクと白で統一しつつ
さし色に 赤色を少々入れて
引き締め効果を出しております。


923DB52D-8BC7-418C-8B52-8DF194B06C29.jpeg

ピンポンマムで
ラインを制作しておりますが
これって 中々、難しいですよ。

0A47171B-56EA-456A-892E-B33090B8AB93.jpeg

横からのアングルの
曲線も 素晴らしいですね。

CE35C937-EA3D-471A-9807-90E427AE2FE6.jpeg

またまた、
かすみ草のさし方を
頼まれてしまいました。

かすみ草は
花屋的には 花と花の空間を
かすみ草で 埋めるのですが
これが 中々の手間が 数倍かかるので
花屋泣かせなのですよ。

824297E3-5B32-4791-B724-B1E640ED19B1.jpeg

超スペシャル完璧主義の
社長の助っ人をして
今回は 倒れそうになりました。

462876FD-C653-4847-AD4E-BA8FC3A8D833.jpeg

社長には
参りました。

某葬儀屋さんいわく
アジアナーセリーの社長さんが
制作した祭壇装花をみると
涙が あふれる家族の方々が 多いとか。

僕も
社長が 最後の仕上げに
胡蝶蘭をさしているときに
とても、ジーンときました。

5B152E9E-E65E-4A0A-8A48-E0FF68616377.jpeg

ちなみにですが
両サイドに 見えます
一対の百合のブーケと
一対の造化スタンド花は
葬儀屋さんの飾り物で
最初から飾られている物に
なります。

posted by HIRO at 17:18| 日記
Powered by さくらのブログ